• 暮らしかたスタイル提案
  • 暮らしかたスタイル提案

エス・バイ・エルの住まいは国家プロジェクトから生まれた木質系工業化住宅です。

昭和51年、建設省・通産省によって“国民に低価格で高品質な住宅を供給するため”の国家プロジェクト
「ハウス55計画」がスタートしました。この官民学界あげての壮大な研究開発は15億円もの国家予算と7年の歳月をかけて進められ、
流通面までを含めて合計90社・20グループもの企業が参加。最終的には鉄骨系・コンクリート系・木質系の3つの企業が承認を得て、
それぞれの工業化住宅を供給することになりました。
そのひとつがエス・バイ・エルの〈ハウス55〉です。商品化デビューは昭和57年のこと。
当時の住宅水準をはるかに超える安全性と居住性、そして優れたコストパフォーマンスは大きな反響を呼び、
またたくまに木質系工業化住宅を代表する存在となったのです。

岡山市景観まちづくり賞受賞
建売住宅強化中

建築実例

倉敷市Y様邸
家庭菜園を楽しむ、広い庭のあるライフスタイル
倉敷市Y様邸
細部にわたり住み手の個性が息づく、デザインと...
福山市Y様邸
モダンな意匠と機能性を取り入れた和の装い
倉敷市T様邸
太陽と水に戯れるテラス空間は、家族が過ごす...
福山市N様邸
暮らしへのこだわりを、多彩な素材感で表現した...
東広島市S様邸
信頼できるスタッフと創る、自分らしさに満ちた家
福山市U様邸
時間と想いを積み上げた、満足度の高い住空間。
福山市M様邸
季節との調和を実現した、住み手の暮らしに...
倉敷市O様邸
優美な表情が価値を生む、「和」の伝統美を...
倉敷市Y様邸
意匠性に富んだ外観スタイル 景観に映える...
倉敷市F様邸
親子二代にわたり実現した、個性が生きる...
倉敷市N様邸
洗練された空間美「匠」の住む家
倉敷市T様邸
落ち着きのあるトーンの外観。趣のある重厚感を演出
建築実例一覧 ≫