ライフデザイン・カバヤ株式会社

来店予約来店ご予約 週末イベント情報はこちら週末イベント情報はこちら

耐震等級3の家づくり

ライフデザイン・カバヤの家づくりは
「耐震等級3」相当の家です

耐震等級とは

耐震等級とは、住宅の耐震性能をランク付けした等級のことです。
住宅性能表示制度の「構造の安定に関すること」の項目で、等級1から等級3まで3段階で表示されています。等級1は、建築基準法レベルの耐震性能を満たす水準とし、等級2はその1.25倍、等級3は1.5倍の強さがあることを示します。





耐震等級1
耐震等級1
=建築基準法の耐震性
数百年に一度程度の地震
(震度6強から7程度) に対しても倒壊、崩壊しない程度
数十年に一度発生する地震
(震度5程度) は住宅が損傷しない程度
耐震等級2
耐震等級2
=建築基準法の1.25倍の耐震性
1.25倍の地震に対して
倒壊、崩壊しない程度
1.25倍の地震に対して
損傷しない程度
耐震等級3
耐震等級3
=建築基準法の1.5倍の耐震性
1.5倍の地震に対して
倒壊、崩壊しない程度
1.5倍の地震に対して
損傷しない程度
※耐震等級の取得には申請が別途必要ですが、耐震等級が証明されれば、地震保険料の優遇(等級3で50%)、フラット35利用時の金利優遇、贈与税の非課税枠の増枠などが受けられます。また、長期優良住宅とすれば、住宅ローン控除・不動産取得税・登録免許税・固定資産税などの税制優遇が受けられます。

耐力壁を増やすだけでは、耐震等級をクリアしません。
基礎も品確法の耐震等級に対応する必要があります。

基礎は原則として、平12建告代1347号第1の仕様規定に基づき鉄筋コンクリート造とする必要があります。
これは建築基準法の最低限の基準です。言い換えれば、この仕様さえ守っていればよいと勘違いしていませんか?
基礎は建物を一体化する役割をしています。しっかりとした基礎が無いと耐力壁の効果がなくなり、耐力壁の役割をはたしません。耐震等級3に対応した建物とするには、耐震等級3に対応した基礎とする必要があります。

基礎は、鉄筋コンクリートの「梁」です。
建物を支えるだけのものではありません。

大切な「ご家族」や「財産」を守るために、大地震が起きても、安心して
住み続けられる住まい
をライフデザイン・カバヤはご提案いたします。

見つかる住まい。見て、触れて、感じて

理想の一邸を見つけにいこう!

ライフデザイン・カバヤの
ハウスブランド
一人ひとりの夢が叶う
自由設計の注文住宅

GRANZ SXL KABAYA2×4 カバヤホーム カバヤ不動産

ライフデザイン・カバヤ