[構造]ツーバイフォー工法の優れた特性

Image1

ツーバイフォー工法は、オープン工法という建て方で、構造材やくぎ・金物のサイズ・使用方法・使用箇所から施工の手順まできめ細かく規定されています。枠組壁工法住宅工事仕様書(監修:住宅金融支援機構)などでマニュアル化されており、複雑な継ぎ手・仕口をなくし、単純化された施工方法により施工者の技量に左右されることなく、どの住宅にも均一な品質と性能を実現します。このマニュアル通りに施工することにより、耐震性、耐火性、断熱・気密性、耐風性など、たくさんの特性をもったツーバイフォー住宅が完成するのです。
KABAYA2×4は日本ツーバイフォー建築協会に加盟し、研修を受けた自主工事検査員の検査の元、安定・安心品質の確保を推進してまいります。

Image2

[断熱材]お部屋の中を快適に保つ断熱材

ロックウール

ロックウールとは、玄武岩、その他の天然岩石、高炉スラグなどを主原料としてつくられた人造鉱物繊維のことをいいます。ロックウールは微細な繊維の隙間に大量の空気を含む構造をしているため、抜群の断熱効果を発揮します。また、不燃材で優れた耐水性能や吸音性能をもち、快適な住環境づくりに貢献いたします。

フェノールフォーム

フェノールフォームはフェノール樹脂に種々の変性を行い得られたもので、「難燃性」「耐熱性」「断熱性」などの優れた特性を活かし、近年住宅用及び建築用断熱材として普及しています。

Image3

[通気]新築時の強度、品質を長期維持するために

住まいの大敵「壁体内結露」の対策として、外壁の内側に通気層を設けた外壁通気を採用
Image4

通気用土台水切りから取り入れた空気を上昇させ、壁体内にこもる湿気を軒天換気口や小屋裏換気口から排出します。湿気が侵入しても速やかに排出するために、外壁材、構造材の耐久性を高め、内部結露を防止。また外壁の反りや変形の防止、断熱性能の劣化防止にも役立ちます。「壁体内結露」を根本から解決すると、耐久性が向上して長寿命の住まいになります。壁体内の空気の流れが湿気を除去して、冷房時の省エネ効果をアップし、断熱材も劣化させず、当初設計通りの断熱性能を維持。腐食やカビの発生を抑え、いつまでも快適な居住空間をご提供します。

Image5

ライフデザイン・カバヤの建物は耐震等級3相当!

耐震性に優れている住まいを表す「耐震等級」があります。
耐震等級には1~3段階の評価があり、3が最も耐震性が高く、「建築基準法の1.5倍」の耐震性があります。

耐震等級1
=建築基準法の耐震性
数百年に一度程度の地震
(震度6強から7程度)
に対しても倒壊、崩壊しない程度
数十年に一度発生する地震
(震度5程度)
は住宅が損傷しない程度
耐震等級2
=建築基準法の1.25倍の耐震性
1.25倍の地震に対して
倒壊、崩壊しない程度
1.25倍の地震に対して
損傷しない程度
耐震等級3
=建築基準法の1.5倍の耐震性
1.5倍の地震に対して
倒壊、崩壊しない程度
1.5倍の地震に対して
損傷しない程度

※耐震等級の取得には申請が別途必要ですが、耐震等級が証明されれば、地震保険料の優遇(等級3で50%)、フラット35利用時の金利優遇、贈与税の非課税枠の増枠などが受けられます。また、長期優良住宅とすれば、住宅ローン控除・不動産取得税・登録免許税・固定資産税などの税制優遇が受けられます。

詳しく見る