Works 施工実例

  

海外写真のようなモノトーン 統一感ある住まいづくり

戸建て住宅

「住まいづくりで絶対重視したほうがいいのは“パートナー選び”!」と言い切るM様。フレンドリーな関係性でお互いに言いたいことを言い合える担当者、江田さんとの出会いこそが最大のポイントだったと振り返る。 家づくりでは、モノトーン配色を軸にして、家族の毎日にフィットするプランニングと、ご自身の理想を担当者やカバヤのチームと共に少しずつ積み重ねていった。そして完成したのはまるで海外のセンスあるモノクロ写真のような、洗練された美しさをたたえた一邸。美しさだけでなく、住み心地にも配慮された至高の住まいとなった。

所在地 岡山市北区
構造 2×4工法

外観デザインはガルバリウム鋼板を採用した片流れ屋根とライトグレーの外壁がシンプルな中にもセンスを主張。総二階ではなく下屋を設けて、その壁のデザインを違えたことで画一的でない仕上がりになっている。

「アイディアを見比べると、好みの傾向が“シンプル”“モノトーン”だと気づいて。それからは配色を最優先にしたんです」。 膨大なアイディアと素材、プランニングがある中で、N様は考え方の中心に「配色」を置いた。そのおかげで、ブレが少なく統一感ある住まいづくりを進めることが可能になったのだろう。

明るい陽光が注ぐ東側にテラスのように囲いを作ることで、半アウトドアリビングのような安全性と開放感を両立する空間になっている。目隠しの効果もあり、一石三鳥のプランだ。

通常なら畳スペースを設置するのが最近のセオリーだが、あえてフローリングを連続させている。「子どもたちが小さい時はクッションカーペットを敷いて、成長したらリビングとつなげたり、仕切って客間にしたり。このアイディアは友人宅を参考にさせてもらいました」。

玄関はどうしても乱雑になりがちな場所なので、家族用の動線を作ることで生活感を排除。土間収納にはご主人の趣味であるスニーカーがしっかりと収まる。

構造も「強い家」をと、2×4工法を選択。家全体を面で支えるため、耐震性だけでなく耐久性、気密・断熱性に優れているのが特長だ。

このブランドへの問い合わせ・カタログ請求はこちら