Works 施工実例

  

築約200年の風格を残した、『温故知新』のリフォーム

リフォーム

元々神奈川県にお住まいで、退職後に機能的、且つ快適な生活空間で老後をゆったりと過ごしたいと、岡山にあるご主人のご実家のリフォームを検討していたH様。 カバヤホームで新築されていたお知り合いからの勧めで、旧家のリフォームを決意。「たまたまイベントにいた営業マンとお話しさせて頂くことになり、リフォームにおいての信念、建築における理念を明確にお話しされる、この対応無くしてこのご縁は成立しなかったものと思われます」とH様。 築約200年の建物はすきま風、底冷えするため、防寒対策に二重サッシや断熱材で解決し、奥様のお気に入りの内装で華やかさを演出し、広さを生かした趣味も楽しめるスペースを造りました。階段を撤去したリビングは、暮らしながら自在にアレンジができるゆとりの空間に。旧家ならではの空間や材料を生かし、現代風にアレンジした温故知新のリフォームとなりました。

リフォーム部分 内装
施工期間 2ヶ月
お引き渡し 2017年9月
スタッフより 営業担当 人見由紀子/構造体につきましては色々とアドバイスさせて頂きましたが、仕上げの内装については奥様が大変モダンな方で、奥様のご要望通りのとても豪華でモダンな仕上がりになりました。ご夫妻に喜んで頂けてスタッフ一同感謝しております。ありがとうございました。

階段を撤去し、リビングダイニングを広げることにより現代風のゆとりある空間を作りくつろげる場所に。実際に暮らしながら臨機応変にアレンジでき、来訪者たちとゆったり歓談できる憩いのスペースになりました。

以前は土間風の作りでとても寒く、床との高さがあった玄関を、高齢者でも安全な二段階で半円径にし、辺は腰かけられるように。大きな扉を設置することで、セキュリティ強化になりました。また華やかな壁紙で明るい空間を実現しています。

古い建物のため、防寒対策と傷んだ箇所の補修は必須。断熱材を入れてに二重サッシを取り付けることで、防寒対策はもとより、見栄えも良く明るくなりました。梁の見える所は、それを活かした内装にして和モダンに仕上げました。

駐車スペースを確保するために庭の一部を撤去し、塀も上部をカットし、おしゃれな黒の格子のフェンスを取り付けました。

このブランドへの問い合わせ・カタログ請求はこちら