木にこだわった新築、一戸建て、注文住宅のことならカバヤホーム

木にこだわった新築、一戸建て、注文住宅のことならカバヤホーム

イベント情報 展示場を探す 来店予約 建築実例

生活動線の良さと暮らし心地にこだわった平屋の住まい

外観デザインにもこだわりあり。担当者との二人三脚の家づくり。

マンションは共益費や駐車場代などの費用がかかり続けるのが気になるため、一戸建てに検討の軸を置くことに。費用が抑えられるのならば建売住宅にしようかと思っていた矢先、祖父が土地を提供してくれるという話になったそう。
平屋の暮らしはとても満足度が高いとのことで、「洗濯物を干すのも、動線が短くてとても効率的です。子どもが小さいから、階段から落ちる心配をしなくていいというのもいいですね。子どもたちに目が届きやすいのもよかったです。」と、大満足のご様子で住み心地を語っていただいた。暮らし心地のよさは、間取りのつくり方にも秘密があるようだ。ペニンシュラタイプの左右にぐるりと回れる動線が確保されているキッチン、右側にはカウンターがあり、家事コーナーとして利用したり、子どもが親の傍で本を読んだりできるようになっている。外観でいえば、平屋としては比較的勾配のある屋根がかかっているのも特徴。これは、リビングに勾配天井を希望されたことから出来上がったもの。水平方向の広がりを基本とする中に、上下の広がりが加わることで空間がとても豊かに見える。間取りは結構自由に変更できたことで、注文住宅ならではの家づくりを楽しんでおられたようだ。『こんな感じがいいですね』と要望するばかりでしたが、それらを上手く具体化していっていただけました。予算もしっかりと管理してくれて、ついつい暴走しがちになる私たちにブレーキをかけてくれる頼もしい存在でした」とご夫婦で顔を見合わせながら笑っておられた。

©2019 Life Design KABAYA Inc.