岡山でリフォームのことなら豊富な経験と確かな技術力のカバヤのリフォーム

カバヤのリフォーム

tel:086-246-2233 【定休日】毎週水曜日、第2・第3火曜日

スタッフブログ

秘境駅

こんにちは、菊政です。

秘境の宿

秘境の湯

なんて、TVの番組で時々してますよね、

秘境駅

と、云われている駅も存在するのです。

秘境駅という言葉は、秘境駅を巡るのが

大好きな方が造った、いわゆる造語で、

新種の言葉なのです。

ためしに、私の使っている電子辞書で、”秘境駅” を

検索しても出て来ないのです。

でも、意味は十分通じますよね。

「こんな駅が秘境駅」という、はっきりとした

定義はないようですが、

私なりに要約しますと、

 

*基本

無人駅であること。

これは必ず。

もし、秘境駅だ、と思って降りたら

駅員さんが、にこにこと、出迎えて下さったら

悪い気はしませんが、拍子抜けしますよね。

 

*秘境駅 LEVEL(1)

駅の近くに民家や工場など人気(ひとけ)がほとんど無いこと。

この状況なら、秘境駅といっていいと思います。

 

*秘境駅 LEVEL(2)

駅から見渡す限り、人の気配がまったく無い。

民家も工場も、なにも無いのです。

 

*秘境駅 LEVEL(3)

駅に通じる車道が無い。

歩いてしか駅に行けない。

少なくとも数百mくらいは、てくてく歩かないと

駅に辿り着けない。

 

*秘境駅 LEVEL(4)

駅に通じる道が無い。

車道はおろか、歩道も無いのです。

つまり、この駅には誰も行けず、

もし、駅に降りてもどこにも行けない駅なのです。

この表のLEVEL(3)や(4)の駅ですと

何のためにあるのか、誰が利用しているのか、

考えてしまうのです。

無くならないのが不思議な駅で、

「わけがわからん。」となるのですが、

説明している私も、不思議だと思うのです。

もし、LEVEL(4)の駅に、うっかり(又は大喜びで)降りたなら、

次の列車が来るまで、最低で1時間、

ひょっとしたら数時間、待たねばならず、

その間、じっと、寂しく(嬉しく)、静かに過ごす

羽目になるのです。

秘境駅には必ず、駅ノートがあります。

そして、ボールペンか鉛筆まであります。

1冊が書き終えたら、誰かが次の新しいノートを

置いてかえるのです。

何冊も書き貯められたノートを、手に取って、

開いて、読んで、そして自らも想いを書くと、

ここを訪れた、会ったことのない人たちとの

一体感を感じてしまうのです。

写真は、列車から写した、ある秘境駅と

そこを、降りて歩いていましたら

出会ったタヌキさんです。

 

おしまい。おしまい。

  • 社名変更しました
  • お問い合わせ・ご相談
  • スタッフブログ
  • 会社案内
  • グループ会社紹介
  • Q&A よくあるご質問
  • 太陽光発電
  • 太陽光発電 取り付け工事日記
  • オール電化
  • シロアリ駆除
ライフデザイン・カバヤ(株) リフォーム事業部
ライフデザイン・カバヤ(株)
リフォーム事業部
〒700-0962
岡山市北区北長瀬表町二丁目13-54
tel:086-246-2233
【営業時間】10:00~18:00
  • ローンシミュレーション
  • Webリフォームローン仮受付