岡山でリフォームのことなら豊富な経験と確かな技術力のカバヤのリフォーム

カバヤのリフォーム

tel:086-246-2233 【定休日】毎週水曜日、第2・第3火曜日

スタッフブログ

サランラップの豆知識

栗正です。

最近めっきり寒くなっていますね。

皆さん体調に気をつけてくださいね。

さて

今回は、サランラップのことについてちょっと書きます。

 

サランラップも一種類だけでないのはご存知でしょうか?

原材料の部分をよく見てください。

①ポリ塩化ビニリテン

②ポリエチレン

事務所にも2つの種類がありました。

 

そのほかにも

③ポリ塩化ビニル

④ポリメチルペンテン

というのもあるみたいです。

 

 

では、なにが違うのか!!

 

詳しいことを書いていたら、大変な長文になってしまうため

要点だけ

①ポリ塩化ビニリデンは、そのほか、

  • 引張弾性(ハリコシ性)、
  • カット性、
  • 透明性、

など、多くの点で優れていますが、

値段が、他の素材の製品より、高いです。

 

②ポリエチレンは、

性能が、他の素材の製品に劣りますが、

値段が、他の素材の製品より、安いです。

 

③ポリ塩化ビニルは、

収縮性が強く、よく伸び縮みするため、

業務用ラップとして、飲食店やスーパーで使われることが多いです。

 

④ポリメチルペンテンは、

ダイオキシンについての理解の浅い、1990年代の、

塩素系プラスチック(①③等)のダイオキシン(およそ300℃~500℃で発生)を背景に、

非塩素系プラスチック(②等)の需要から、

「非塩素系プラスチックで、しかも耐熱性の高いラップ」として、商品化されたものです。

 

ですが、

「モルモットだけが、ダイオキシンに敏感だった」(人間に、ダイオキシンはほとんど効かない)という事実と、

プラスチックごみ処理の改善で、

現在では、180℃の耐熱性だけが売りとなっています。

 

今後、サランラップを買うときには、

原材料に注目して選んでみてください。

 

では、次回をお楽しみに~

栗正でした。

 

親切を心掛けている エス・バイ・エルカバヤ リフォームです。

 

  • 社名変更しました
  • お問い合わせ・ご相談
  • スタッフブログ
  • 会社案内
  • グループ会社紹介
  • Q&A よくあるご質問
  • 太陽光発電
  • 太陽光発電 取り付け工事日記
  • オール電化
  • シロアリ駆除
ライフデザイン・カバヤ(株) リフォーム事業部
ライフデザイン・カバヤ(株)
リフォーム事業部
〒700-0962
岡山市北区北長瀬表町二丁目13-54
tel:086-246-2233
【営業時間】10:00~18:00
  • ローンシミュレーション
  • Webリフォームローン仮受付