施工事例

木のぬくもりを生かした光がたっぷり射し込むハレの住まい

倉敷市H様邸

岡山市南区牧様邸
天井梁をアクセントに、ホワイトカラーと木のぬくもりが調和あたたかな空間デザイン。リビングとダイニングそれぞれ、南壁面に設置された掃き出し窓から太陽の光がたっぷり射し込んでくる。

ポイントは「採光」と「木質感」イメージを形にするさまざまな提案


ブラック×ブラウンカラーでシックにまとめた外観デザイン。階段部を張り出したアシンメトリーデザインが個性的。

「こだわったのは“光”と“木”。家の中でくつろげる空間にしたかったんです」とH様。奥様のご友人宅がすっかり気に入られ、担当営業を紹介してもらうことから住まいづくりがスタートした。
「他の住宅会社には行きませんでした。住宅展示場を回ったり、相見積もりもせずずっと一筋」とおっしゃるほど、担当営業に全幅の信頼を寄せられていたという。
奥様がインテリア雑誌で見つけたイメージを伝えると次々とアイディアを出し、迷っていたらそのアイディアひとつ一つ丁寧に説明を受けた。「このプランにするとこういう暮らしになりますよ、という風に住んだ後の暮らしを想像できるような説明で、とてもわかりやすかったです」と話される。
「強い家がいい」とおぼろげに考えておられたため2×4の躯体特長がフィット。気密性の高さとオール電化住宅のおかげか、家の広さは倍以上になったのに光熱費はこれまでと変わらなかったそうだ。

窓の位置・形をさまざまに違えて、光と風の通る住まいに

H様は注文はあまり多くなかったが、“採光”だけは妥協しなかったそう。窓の位置や形をそれぞれの場所で変えることで、水まわりや玄関、階段などの居室以外も自然光に満ちた住まいに仕上がっている。
「窓枠も木調をあしらっていただいて、全体的にやさしいイメージになりました」と奥様も満足そう。
共働きのため、水まわりの収納や家事動線もしっかり配慮。キッチンはリビングから手元が見えず、生活感が表に出てしまわないようになっている。「収納が多いのですっきり片付くのが助かっています。急な来客時にもさっと隠せるのがいいですね」とのこと。
また、同居はされていないがご家族のすすめで風水も考慮。南入りの玄関と水まわりの位置を定めたことで、幸せを呼び込む住まいが完成した。

終始スムーズにご提案を受け入れていただきました。採光に関しては部屋の位置、用途や過ごし方によってそれぞれ異なるため、いろいろと細かい説明を交えてご提案させていただきました。
実は、風水の基本も光と風。風水についてはご家族からすすめられたということでしたが、期せずしてH様のこだわりも風水と結びついていたということですね。私自身もまた新たな知識を勉強させていただいた一邸となりました。
【担当】岡崎