シミュレーションSTART!

KABACOの
家づくり

『木』にこだわった、人にも環境にもやさしい住まいを。

木のはなし木にこだわった住まいづくり「木」の特性

電子顕微鏡による木材の断面状態

木材の断面を電子顕微鏡でみると細い管の集合体となっています。
この細胞は仮導管と呼ばれ、水を葉に運搬し木を倒壊から防ぐ働きをします。
木材は管のような細胞が無数に集まってできているハニカム構造となっています。
ハニカム構造は蜂の巣のような構造で、少ない材料で軽くて強い強度を実現します。
飛行機の翼もハニカム構造でできています。

POINT01
火に強いのは、
鉄よりも“木”なんです

一般的に木は燃えやすいと思われています。でも、本当は、木は鉄よりも、火に強いのです。
ある程度の厚みがある木材は燃え落ちないという事実をご存知ですか?燃焼すると表面に炭化層ができ、それが防火の膜となってそれ以上燃えるのを防ぎます。
燃えないと思われている鉄は、逆に熱に弱く、溶けたり曲がったり変形します。 木は太いほど火に強いという特性は頼もしい限りです。

■熱、木材の加熱による強度の実績グラフ鉄は約5分で強度は半分以下になりますが、木材は15分経過しても約60%の強度を保っていることが分かります。


■構造用集成材の燃焼実験写真
JISA1304に基づき、載荷加熱試験用加熱炉にて30分燃焼(840℃)された断面(写真左)(農林水産省森林総合研究所にて)

POINT02
自然のエアコン機能で、温度を調節

木には、湿度が上がると湿気を吸収し、乾燥すると水分を放出する性質があります。
この優れた調湿性が、自然のエアコンのような働きをして、住まいを常に快適な状態に保つのです。
静岡大学農学部でネズミを「木製」「金属」「コンクリート」の3種類の箱で飼育した結果、木製の箱での生存率が高くなりました。
これは「木は、生き物に良い住環境を与える」ことを証明しています。

POINT03
高い断熱性で、一年中快適

夏涼しく、冬温かい住まいを実現するポイントは、断熱性。
「木」はコンクリートや鉄に比べて、熱の伝導率が低いので、室内の冷房・暖房を外に逃がさず、また外気を室内に伝えにくい性質を持っています。

POINT04
あらゆる力にバランスよく抵抗

「木」は圧縮・曲げ・引っ張りなど、どの力に対しても優れた強度を発揮する優れた性能を持った構造体です。
これは、木の細胞がコア構造をしており、小さなマスの一つひとつが外からの力にバランスよく抵抗するためです。

構造材住まいを支える高精度・高強度の構造材を採用

エンジニアリングウッド

「割れにくい」「曲がりにくい」などの特徴があり、品質のバラツキが少なく高い安全性、高品質を実現できます。

ドライビーム

無垢材で有害物質も含まず、収縮・たわみもほとんどなく優れた強度と木のぬくもりを兼ね備えています。

LVL筋交い

LVLは各層の繊維方向は基本的に同一方向を向いており、引っ張り強度の高さと品質の均一性が特徴です。

エンジニアリングウッドとは

製材では木材の内部まで完全に乾燥させることは難しいとされています。
しかし、十分に乾燥させた挽き材を接着積層させることによって、寸法が安定し品質のばらつきが少なくなります。
この構造用集成材を「エンジニアリングウッド」といいます。
寸法が安定しており、「割れにくい」「反りにくい」「曲がりにくい」「ねじれにくい」等の特徴があり、品質のバラツキが少なくハイレベルな安全性、高品質を実現できます。 

耐震等級3対応基礎ゆるぎない安心 高強度ベタ基礎

耐震等級には1〜3の段階があり、3が最も厳しい基準となっています。
耐震等級を高める、つまり地震に強い家にするためには、耐震性の高い部材の使用やプランニングの制限を行ったのち、邸別に構造計算を行い、耐震性を確保できているか確認を行うことが必要になります。

耐震等級1
耐震等級1=建築基準法の耐震性
数百年に一度程度の地震
(震度6強から7程度)
に対しても倒壊、崩壊しない程度
数十年に一度程度の地震
(震度5程度)
は住宅が損傷しない程度
耐震等級2
耐震等級2=建築基準法の1.25倍の耐震性
1.25倍の地震に対して
倒壊、崩壊しない程度
1.25倍の地震に対して
損傷しない程度
耐震等級3
耐震等級3=建築基準法の1.5倍の耐震性
1.5倍の地震に対して
倒壊、崩壊しない程度
1.5倍の地震に対して
損傷しない程度

※耐震等級の取得には申請が別途必要ですが、耐震等級が証明されれば、地震保険料の優遇(等級3で50%)、フラット35利用時の金利優遇、贈与税の非課税枠の増枠などが受けられます。
また、長期優良住宅とすれば、住宅ローン控除・不動産取得税・登録免許税・固定資産税などの税制優遇が受けられます。

軟弱地盤でも優れた安定性を発揮する
高強度ベタ基礎を採用

ベタ基礎

ベタ基礎は小さな力を面全体に分散させ、
地盤への負担を小さくします。

布基礎

布基礎では、大きな力が集中するため、
強固な地盤が求められます。

ベタ基礎とは基礎の立ち上がりだけでなく、底面一面が鉄筋コンクリートになっている基礎で、家の荷重を底板全体で受け止め、しっかりと面で支える基礎です。
点で支える布基礎に比べ、ベタ基礎は面で支えるので、地盤に求める強さも小さくなります。
また、布基礎に比べ不動沈下に対する耐久性が高く、建物下がすべてコンクリートのため湿気や害虫(白アリなど)の侵入を防ぎます。

ベタ基礎 施工工程

地盤を水平にならしたのち、防湿シートを敷きその上に鉄筋を組みます。

コンクリートを打設するための型枠を組みます。

コンクリートに振動を与えて、気泡を逃したりセメントと骨材(砂や砂利)などの素材を密接にします。

一定期間養生後、型枠を外し完成です。

地盤調査

数千件にのぼるボーリングデータを入力した地盤情報総合システムと、現在までに蓄積された数万件にのぼる「スウェーデン式サウンディング試験」のデータの情報を活用し、より信頼性の高い調査・判定を行っています。

調査結果を元に判定

地盤補強の種類

調査データをもとに、土地とお家にあった補強方法をご提案いたします。

  • ベタ基礎

    基礎の底板が一枚の板状になっているベタ基礎は底板面全体で建物を支える構造です。

  • 湿式柱状改良

    セメントミルクを地中で土とスラリー状になるまで混合・撹拌して杭を作り、摩擦杭として不同沈下を防ぎます。

  • MS基礎+柱状改良

    特許『安定材付きベタ基礎工法』です。 バランスよく区画された地中壁と柱状改良杭により建物の安定を計る工法です。

防腐・防蟻処理大切な家に長く安心して住むために

土台から上1mはすべて防腐防蟻処理

住まいの大敵である腐りとシロアリに高い効果を発揮する防腐防蟻処理。
建築基準法第49条2項では『構造耐力上主要な部分である柱、筋かい及び土台のうち、地面から1メートル以内の部分には、有効な防腐措置を講ずるとともに、必要に応じて、シロアリその他の虫による被害を防ぐための措置を講じなければならない。』とありますが、KABACOでは土壌処理、基礎、土台から上1mを防腐防蟻処理します。
ユニットバス部分においては、2階胴差しまで処理を行うことで、より安心を確保。
また、防腐防蟻薬剤は水溶性の薬液を使用。この薬剤は主成分が木材中に固着するため、屋内・屋外を問わず長い期間にわたって効力を発揮します。
その安全性の高さから建築材に限らず、公共の土木資材・公園資材など幅広い用途に使用される薬剤です。

鋼製束による強固な床

床下の束は大引きを支え荷重を地面に伝える役割を持ちます。
従来の床束は木製でしたが、コンクリートのベタ基礎に加え、鋼製束にすることによって腐朽・白アリ被害などを防止することができます。

金物工法・接合金物振動に強く、遮音性も高める金物を利用した
確かな家づくり

木造住宅の弱点を克服した
ツーピース梁受け金物

断面欠損大→低強度
断面欠損小→高強度

ツーピース梁受け金物は、
ほぞ加工の1.76倍の強度

従来の木造建築物では接合部が大きな弱点となっていました。 通し柱の断面欠損は特に大きく、過去の大地震時にも通し柱が折れ、二階を支えきれなくなり一階がつぶれてしまう被害が多く発生していました。
金物ピン接合による工法では弱点であった接合部を接合金物に置き換えることで、断面欠損を少なくし高強度の接合部を実現しています。
また、従来の木造建築ように木材と金物をボルト固定するのではなく、金物同士を木材内部で結合させるため、木の美しさを損なうことなく、美しい仕上がりになります。

長期に安心な梁受け金物

KABACOではオリジナル接合金物を採用しています。 柱と梁、桁と小屋束、柱と土台・・・。様々な接合部を高精度・高強度に緊結します。

初期剛性が高く、ねばりのある筋交い金物

繰り返される大地震に粘り強く耐える

KABACOの筋交い金物は、特殊なスリット形状を持っており、初期合成の高さとねばりを両立します。
木造住宅では、複数回の大きな揺れによって建物を支える筋かいが外れたり、損傷する事があります。 この場合、建物の耐震性能は急激に低下して倒壊する恐れがあります。
この筋交い金物は、特殊なスリットが変形をすることによって、筋かいの損傷を抑える事によって、建物をよりねばり強くします。

木造住宅の弱点を克服した構法

上下階の音が気にならない生活を
実現する仕組み

2階を支える梁、屋根を支える梁に吊金物を取り付け、上下階の震動が直接伝わらないように配慮した構造です。遮音性に優れた効果を発揮します。

ZEH(ゼッチ)基準断熱室内空間を快適に保つ断熱技術

高性能グラスウール(壁用)・(小屋裏)

高性能グラスウール断熱材は、優れた断熱性能に加え、健康、安全、環境への配慮までも品質にした高性能な断熱材です。
繊維の直径が4〜5ミクロンと、通常のグラスウールよりも細かいため、より多くの空気室を作り出すことが可能となり、高い断熱性能を発揮することができるようになります。
シックハウス症候群の原因の1つといわれているホルムアルデヒドを原料に含みません。

グラスウールの繊維構造

一般的なグラスウール
高性能グラスウール

グラスウールは、細いガラス繊維が絡み合ってつくられる空間によって、熱を伝えにくくしている断熱材です。
高性能断熱材のような高性能グラスウール断熱材は、一般のグラスウール断熱材に比べ繊維径が細かく、本数が多いので、断熱性能がさらに向上しています。

床下断熱材「ネオマフォーム」

ネオマフォームは、世界最高レベルの0.020W/(m・K)で、他の断熱材と比較しても圧倒的な断熱性能を誇ります。
素材は熱に強く、燃えにくいフェノール樹脂。火に当たると炭化し、発生するガスも少ないです。
長期にわたって高い断熱性能を維持する断熱材です。ノンフロン発泡。リサイクルに取り組んでいます。

高断熱窓冷暖房の消費エネルギーを大幅に抑える

高性能ハイブリッドサッシ+Low-eガラス+アルゴンガスで快適生活

室外側に耐久性や強度に優れたアルミを採用し、雨、風、日差しによる劣化を防止。室内側には断熱性に優れた樹脂を採用し熱の出入りを抑えるハイブリット構造です。


Low-Eガラスは薄い金属膜で、太陽熱の侵入を防ぎ、涼しく快適。西日対策や紫外線による色褪せ防止にも効果的です。

太陽の日射熱を50%以上カットして、夏は涼しく冬は暖房熱を外へ逃がしません。
冷暖房効率をアップして、節電にも貢献。紫外線も大幅にカットするので、家具やカーペットの退色も抑えます。
また、アルゴンガスを充填することにより、空気に比べ熱伝導を約30%抑えます。