お知らせ&スタッフブログ

※もし、今の保険がお客様に合った、いい保険。でしたら...さらに、見直しのご提案は行いません。
※保険会社の常識ではなく、住まわれる方の常識でご説明やご提案をいたします。
※保険会社や代理店にとって、いい保険。ではなく、お客様にとって、いい保険をご提案いたします。
※強引な押し売り、突然の訪問等、ご迷惑になる行為は一切いたしません。

名松線に乗ろう(4)

2019年2月1日 金曜日 am7:03

こんにちは、菊政です。

 

三重県にあります、

JR名松線に乗って

終点の伊勢奥津(いせおきつ)駅で降りました。

 

 

 

 

手書きの地図が貼ってありました。

 駅を出て、まっすぐ右へ、

 水曜日もやってます

 坂を登る

要所、要所の目印も丁寧に書かれていて、

親切でわかりやすい地図だと思うのです。

 

気楽に入れるお休み処をめざしています

いい感じだぁぁ、、

 

作った方の心が伝わる気がしました。

ぜひ、行ってみなくては、

 

 

駅を、

 

 

出て、

 

 

右に曲がって、

 

 

振り返って、

伊勢奥津駅です。

 

 

まっすぐ進んで、

坂(とても緩い坂でした)を上がって

 

 

ありました。

「かわせみ庵」の看板です。

 

 

 

 

ここだ、

 

 

こんにちは、

 

 

つい、甘いものに眼が、、

 

 

お茶を出してくださいました。

「すみません。ありがとうございます。」

 

 

JR名松線ミニ写真集

地元の有志の方が写された写真だそうなのです。

 

 

祝・全線復旧

名松線

2016年3月26日

松阪-伊勢奥津

 

 

全面開通の日に走った

開通第1号列車の前に取り付けたヘッドマークで、

なんと、”現物”なのだそうです。

「すごいっ、値打ちありますよねえ、すごいですー」私

地元の高校生がデザインして手作りしたのだそうで

一生の思い出だと思うのです。

 

 

全面開通のバッジもありました。

 

 

バッジと

お饅頭を買いました。

 

 

6年半もかかって復旧できたのが凄いと思うのです。

そんな大被害にあったら、

それを機に廃線になってもおかしくないと思うのです。

 

「なぜ、復旧できたんですか」お尋ねしてみました。

「名松線は美杉町のシンボル、どうしても残してほしかった」

「動きが速かった、3か月で11万6千人の署名を集めた」

「がんばる姿を見せることが大事」

「JR・県・市の3者会談が行われた」

「県が治水・市が用水を管理してJRに対して安全を確保する約束をしてくれた」

「県、市、には本当に感謝している」

 

 

いろいろお話しして下さいました。

 

 

 

 

 

 

ありがとうございました。

楽しかったです。

 

 

 

 

 

 

駅に帰りました。

 

 

 

 

 

 

あれば、必ず書き込んでいる

”駅ノート”は見当たりませんでした。

 

 

 

 

では、

帰ろう。

 

普通列車しか乗れない。青春18きっぷ旅ですので、

普通列車を乗り継いで上郡駅まで帰りました。

 

おしまい。おしまい。


お知らせ&スタッフブログ一覧
  • 引受保険会社:東京海上日動火災保険株式会社
  • このホームページは、各保険の概要についてご紹介しており、特定の保険会社名や商品名のない記載は一般的な保険商品に関する説明です。取扱商品、各保険の名称や補償内容は引受保険会社によって異なりますので、ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず重要事項説明書や各保険のパンフレット(リーフレット)等をよくお読みください。
    ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。
  • 募集文書番号:2018年5月 18-T01671