ライフデザイン・カバヤ

保険事業部
【住所】
岡山市北区中仙道二丁目9-32ライフデザイン・カバヤ カバヤの保険
【電話】086-241-8811
  • お問い合わせ・資料請求
  • お知らせ・スタッフブログ

お知らせ&スタッフブログ

※もし、今の保険がお客様に合った、いい保険。でしたら...さらに、見直しのご提案は行いません。
※保険会社の常識ではなく、住まわれる方の常識でご説明やご提案をいたします。
※保険会社や代理店にとって、いい保険。ではなく、お客様にとって、いい保険をご提案いたします。
※強引な押し売り、突然の訪問等、ご迷惑になる行為は一切いたしません。

アリゾナ記念館

2016年12月29日 木曜日 pm8:35

こんにちは、菊政です。

 

今年最後のブログになりました。

 

今年の初め、ハワイに行きました。

今回の一番の目的地は、アリゾナ記念館でした。

 

到着して、3日目の朝、

6時前です。

 

IMM_6440

 

ホテルのすぐ北の大通りにあるバス停に居ます。

オアフ島は”ザ・バス”という愛称の市営バスが縦横に走っていて

1回2ドルで、どこまでも乗れます。

 

IMM_6484

 

来ました。

 

IMM_6489

 

さあ、乗ろう、

 

IMM_6490

 

おはようございます。

 

IMM_6491

 

ここの2つくらい前が始発の停留所ですので、まだ乗客はほとんど居ませんでした。

 

IMM_6496

 

みるみる満車になりました。

 

ザ・バスは冷房がものすごく効いていて寒いのです。

地元の方は、上着を持って乗られます。

もし、乗られる時にはご準備を、、

 

数年前にハワイに来た時にも、ザ・バスにたくさん乗りました。

が、日本人には一人も会いませんでしたが、

最近、ザ・バスの旅が知られてきて、日本人にもよく活用されているそうなのです。

 

IMM_6512

 

ホノルル空港です。

 

IMM_6524

 

だいぶ、明けてきました。

 

IMM_6527

 

着いたようです。

時刻通り、7時ちょうどくらいに着きました。

(バスはオアフ島の北端くらいまで行きます。)

 

7時のOPENなので、いい感じの時間。

と思ったのですが、

 

IMM_6529

 

えっ、

もう、たくさんの人でした。

 

IMM_6531

 

ん、ん、ん、

もう、100人は並ばれていました。

 

IMM_6534

 

 

IMM_6543

 

振り返ってみています。

あっという間に、後ろにもたくさん。

 

アリゾナ記念館は、軍の施設で、軍が管理しているそうで、

保安上からバックは一切持って入れません。

もしバック類を持っていたら、

入り口右50mくらい先にある荷物預かり所にお金を払って預けないと入れなくなります。

その分、順番がさらに遅くなります。

ホテルを出るときに最小の荷物にして、

全部ポケットに入れて、

バッグは(日本の)100均で買った、ぴらぴらのものを、

これもポケットに入れて、

カメラだけを手に持って入りました。

カメラは一眼レフのような大きなものでも、何でも持ち込みOKです。

 

IMM_6552

 

パンフをくださいました。

 

IMM_6554

 

入り口の突き当りで、アリゾナ記念館の整理券をくれるのです。

 

IMM_6555

 

頂きました。

カメラを向けさせていただいたら、

ポーズ、

 

IMM_6557

 

整理券です。

すでに、2番目のグループの入場順でした。

でも、これで入ることができるので、うれしいのです。

 

IMM_6558

 

 

IMM_6561

 

しばらく、施設内を散策、

 

IMM_6563

 

真珠湾/パールハーバーです。

中央に小さく写っているのが、戦艦「ミズーリ」です。

日本とは縁深い戦艦です。

 

その右に写っている、白い長方形のものが「アリゾナ記念館」なのです。

アリゾナ記念館は、沈没した戦艦アリゾナの上に造られていて、

洋上にありますので、船で行くのです。

 

IMM_6571

 

 

IMM_6572

 

 

IMM_6574

 

こんにちは、

 

IMM_6577

 

ホットドックを食べました。

 

IMM_6579

 

時間が近くなりましたので、集合場所に、

 

IMM_6582

 

まず、ミニシアターのようなところでビデオを観ます。

太平洋戦争や真珠湾についてのドキュメントだと思います。

上映内容は撮影できませんので、終わってから写させていただきました。

 

IMM_6583

 

では、外へ、

 

IMM_6585

 

すぐ横にある、桟橋に向かっています。

 

IMM_6587

 

この船で、アリゾナ記念館に向かいます。

 

IMM_6588

 

単に、”船長さん”ではなくて、

軍人さんなのです。

 

IMM_6592

 

 

IMM_6595

 

 

IMM_6597

 

出発しました。

 

IMM_6614

 

戦艦ミズーリ号です。

 

IMM_6618

 

アリゾナ記念館です。

 

IMM_6634

 

接岸、

 

IMM_6641

 

降り始めました。

 

IMM_6643

 

私も、中に、

 

IMM_6644

 

入りました。

とうとう来ました。

 

IMM_6645

 

戦艦アリゾナの砲塔の台座部分です。

この下に、アリゾナは沈んでいるのです。

たくさんの人と共に、

 

IMM_6656

 

 

IMM_6661

 

 

IMM_6663

 

 

IMM_6668

 

写させていただきました。

真珠湾攻撃で亡くなられた方の名前が刻まれています。

 

ここは観光地などでは無いのです。

ここは慰霊のための場所なのです。

この壁をみて、つくづく思いました。

 

来られているのは、たぶん、ほとんどアメリカの方だと思います。

アメリカの人にとってここは、とても神聖な場所なのだと思いました。

 

この壁にカメラを向けることに躊躇しました。

迂闊な気持ちで写してはいけない。

なにか、覚悟を持って写さなければいけない。

そう思いました。

カメラをしっかり握って、

写させてください。と念じながらシャッターを押しました。

 

IMM_6669

 

 

IMM_6676

 

 

IMM_6677

 

 

IMM_6679

 

 

IMM_6691

 

 

IMM_6696

 

 

IMM_6715

 

アリゾナから、70年以上経った今でも油が浮いてくるのです。

(中央に写っています)

 

IMM_6717

 

浮いてきた油が、少しずつ広がるのです。

 

IMM_6718

 

 

IMM_6720

 

だんだん広がって、

 

IMM_6721

 

もっと広がって、

 

IMM_6730

 

見えなくなります。

 

IMM_6735

 

また、浮いてくるのです。

 

IMM_6749

 

では、そろそろ、

 

IMM_6750

 

帰りの船に乗りました。

 

IMM_6751

 

アリゾナ記念館さん、

さようなら、

 

IMM_6761

 

港に戻りました。

 

IMM_6803

 

来れてよかったです。

 

 

今年1年ありがとうございました。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

おしまい。おしまい。


お知らせ&スタッフブログ一覧
  • 引受保険会社:東京海上日動火災保険株式会社
  • このホームページは、各保険の概要についてご紹介しており、特定の保険会社名や商品名のない記載は一般的な保険商品に関する説明です。取扱商品、各保険の名称や補償内容は引受保険会社によって異なりますので、ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず重要事項説明書や各保険のパンフレット(リーフレット)等をよくお読みください。
    ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。
  • 募集文書番号:2020年 5 月作成 20-T00711