ライフデザイン・カバヤ

保険事業部
【住所】
岡山市北区中仙道二丁目9-32ライフデザイン・カバヤ カバヤの保険
【電話】086-241-8811
  • お問い合わせ・資料請求
  • お知らせ・スタッフブログ

お知らせ&スタッフブログ

※もし、今の保険がお客様に合った、いい保険。でしたら...さらに、見直しのご提案は行いません。
※保険会社の常識ではなく、住まわれる方の常識でご説明やご提案をいたします。
※保険会社や代理店にとって、いい保険。ではなく、お客様にとって、いい保険をご提案いたします。
※強引な押し売り、突然の訪問等、ご迷惑になる行為は一切いたしません。

真空管アンプを作ろう! その7(完)

2017年1月25日 水曜日 am6:39

こんにちは、菊政です。

 

真空管(タマ)のアンプを作っています。

 

ついに、完成しました。

 

DSC_6156

 

正面から見ています。

 

DSC_6158

 

上から、

 

DSC_6159

 

後ろから、

 

IMG_8872

 

いよいよ音出しです。

 

スピーカーユニット(スピーカーの本体)は、

フォステクスの、FX120というスピーカーで、

12センチしかないのに、1個1万円以上もするのです。

(黄色の板(バッフル板)やキャビネットは自作しました。)

 

FX120は、何の変哲もない大人しい音色なのですが、

ワイドレンジに聴こえるような無理な音作りもしていなくて、

じわりと聴かせる大人の音だと思うのです。

(JBLのかつての名器「LE-8T」に似た外観も気に入っています)

 

IMG_8873

 

LS-8Aというタマを差してみました。

マニアが喜ぶナス菅(”なすび”のような形ですのでこう呼ばれています)です。

 

IMG_8877

 

 

 

IMG_8879 

 

ピンジャックも差して、

 

IMG_8964

 

灯を入れて、

(スイッチを入れることをタマのアンプでは「灯を入れる」と云う人がいます。実は私も「灯を入れる」と言わないと、どうしても雰囲気が出ないのです)

 

聴きました。

 

どのような音だったかは、、

自作のタマアンプの音色は、

しばしば自画自賛になりますので、

ご想像におまかせで、、

 

LCH

 

 

RCH

 

測定したDATAをエクセルで表にして、

全て完了しました。

 

全7回にわたり、

もし全部ご覧下さった方がいらっしゃいましたら

本当にありがとうございます。

 

おしまい。おしまい。


お知らせ&スタッフブログ一覧
  • 引受保険会社:東京海上日動火災保険株式会社
  • このホームページは、各保険の概要についてご紹介しており、特定の保険会社名や商品名のない記載は一般的な保険商品に関する説明です。取扱商品、各保険の名称や補償内容は引受保険会社によって異なりますので、ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず重要事項説明書や各保険のパンフレット(リーフレット)等をよくお読みください。
    ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。
  • 募集文書番号:2020年 5 月作成 20-T00711