ライフデザイン・カバヤ株式会社

来店予約来店ご予約 週末イベント情報はこちら週末イベント情報はこちら

注文住宅を建てたい!土地探しのコツや注意点

カテゴリー:土地探し

2020.10.06

家を建てるには、まず土地を確保しなくてはなりません。

すなわち、注文住宅の建設において、土地探しは基本中の基本です。

もしも住宅の条件に合わない土地を選んでしまうと、建設は非常に難航するでしょう。

そうならないよう、土地探しのコツや注意点を踏まえておくべきです。

この記事では、注文住宅の土地探しを詳しく解説していきます。

 

土地探しのコツ①自身の希望をまとめる

#生活をイメージしよう


「コンビニやスーパーマーケットにはすぐ行きたい」「子どもが安全に暮らせる地域を選びたい」など、土地探しでは家主に希望条件があるはずです。

注文住宅を建てる土地で、どのような生活を送りたいのか具体的にイメージしましょう。

そうすれば、治安や地理、日照条件など、チェックするべきポイントが見えてきます。

 

#条件やエリアを予算内で調べる


土地探しでは、最初に予算を決めておくのがコツです。

候補はほぼ無限にあるため、普通にリサーチしてもきりがありません。

土地に支払える予算を確保しておくと、かなり候補を絞り込めます。

そのうえで、駅へのアクセスや大通りとの距離、エリアの雰囲気などを踏まえ、条件を固めていきます。

 

#優先順位


ある程度の条件がまとまったら、優先順位をつけていきましょう。子どもの生活を大切にしたいなら、学校へのアクセスや交通量などが重要です。高齢者と一緒に暮らすなら、病院が近くにある土地を選びます。

 

土地探しのコツ②土地について学ぶ

#地価を確かめる


家を建てたいエリアが見えてきたところで、詳しい内容をチェックしましょう。

まずは「地価」です。エリア内でも人気の土地、不人気の土地はあります。

少し住所が変わるだけで、大幅に地価が変動する可能性もあるため、念入りな調査が必要です。

 

#土地そのものの情報


もしも近隣に大型商業施設や交通機関が設置される予定があるなら、将来的にその土地は高騰する可能性があります。

それならば、地価が安いうちに買っておくのは得でしょう。

このように、土地についての情報収集は家を建てる際に重要です。

 

#家を建てる際の条件


敷地面積に対する建築面積の割合を「建ぺい率」といって、防災上クリアしなければならない数値が定められています。

敷地面積に対する延床面積の割合である「容積率」も注文住宅では注意しなければなりません。

そのほか、住宅が傾きすぎないよう「斜線制限」も土地によって決まっています。

そして「防火地域」や「準防火地域」に指定されていると、家の面積や階層に制限がかけられてしまいます。

 

土地探しのコツ③施工会社も探しておく

いざ注文住宅を建てるときは、施工会社に工事を依頼するのが一般的です。

ただし、業者によって特徴がまったく異なるので慎重に選ばなくてはなりません。

費用や知名度はもちろん、希望するエリアでの実績が多数ある業者を探しましょう。

なお、土地と施工会社は並行して探すのが理想です。

先に施工会社が見つかれば、土地探しのアドバイスをもらいましょう。 

土地を探す方法

#インターネット


ポータルサイトや不動産会社のホームページを利用するのは、手軽に土地を探せる方法です。

予算やエリアなどを入力すれば、理想の土地を見つけることもできます。

ただし、インターネットの情報が最新とは限らないので、実際に土地を見に行くのも忘れないようにしきましょう。

 

#足を使う


家を建てたいエリアに足を運んで売地を探す方法です。

もちろん、都合よく売地が見つかる可能性は低いと言えます。

ただ、エリアの雰囲気、治安を肌で感じられるのはメリットです。

 

#不動産会社


プロフェッショナルに頼めば、希望条件に合致する土地をすぐ絞り込んでくれます。

その後、土地の売買を仲介してくれたり施工会社を紹介してくれたりするのもメリットです。

ただ、不動産会社は土地の欠点を積極的には明かしてくれません。

購入を決める前に、自分で土地を確かめておくことが大事です。

 

土地選びのポイントと注意

候補地がいくつか見つかったら、実際に購入する土地を決めていかなくてはなりません。

土地選びには重大なポイントがあるので、見逃さないようにしましょう。次の段落から詳しく説明していきます。

 

地盤確認

#災害に耐えられる地盤を


日本は地震が多いうえ、初夏には梅雨で地盤がゆるみがちです。

大雨による浸水のおそれも土地選びでは懸念しておくべきポイントです。

さらに、夏から秋には台風が頻繁に訪れるので、土地探しでは地形や地盤を深くリサーチしなければなりません。

もしも、地盤沈下や液状化の起こりやすい土壌に家を建ててしまうと、災害時に大きな被害を受けかねないでしょう。

 

#避けるべき地盤とは


埋め立て地は、地盤がゆるくて沈下しやすい傾向にあります。

また、地下水が通っている土地も災害の影響を受けやすく、要注意です。

その土地で起こった災害の報道を調べていけば、注文住宅を建てた後の安全性を予測できます。

もしも地盤がゆるいと、苦労して家を建てても長持ちしにくいでしょう。

候補地が決まった際には、行政サイトや地盤サポートマップなどを利用して

土地の状況について調べて見ることをおすすめします。

また、仮に軟弱な地盤の土地であっても補強工事をすることで地震などの災害に耐え得ることもできる可能性が

あるので、家づくりのプロに相談することもおすすめです。

結局はすぐに大工事をして補強したり、引っ越したりしなくてはなりません。

家族の安全を守るためにも地盤のチェックは肝心です。

区画と日当たり

#狙い目は角地


売りに出された土地は角地から買い手がつきやすいと言えます。

なぜなら、角地は住んでいるときの開放感がかなり優れているからです。

周囲を別の住宅に囲まれていないため、景観が確保されています。

車庫や庭を作るときの制限も比較的ゆるくなります。価格にもよるものの、同じ一画なら角地を選ぶのが得策です。

 

#道路の幅


前面の道路が4.5メートル未満の幅だと、冬場に除雪車が通れません。

すなわち、家主自身で雪かきをしなくてはならないのです。また、単純に自動車の発着が手間になるでしょう。

家主が車を自損しやすいだけでなく、事故に巻き込まれる確率が上がってしまいます。

 

#日当たり


高い建物の近くだと日照の問題が出てきます。

洗濯物が乾きにくかったり、日差しが入らなくて昼間でも薄暗かったりするでしょう。

生活が不便なだけでなく、家族の心象にも関わる問題です。午前と午後で日当たりがまったく変わる土地もあります。

候補の土地を調べるときは、朝、昼、夕方の日照をすべてチェックしておくのが無難です。

 

駅や学校など周辺の環境

#時間帯による治安をリサーチ


子どもがいる家庭では、土地選びの際は治安を十分に確かめましょう。特に、通学路になっているルートの雰囲気は重要です。

朝や昼だけ落ち着いていたとしても、夜になったら通行人が増えたり、歓楽街の雰囲気になったりするのは危険です。

子どもの目線に立って、安全かどうかをしっかり判断することが大切と言えます。

 

#高低差は激しくないか


道路と土地に高低差があると、整地を行わなくては普通に暮らせません。

そして、高低差が激しいほど整地の工事費用はかかってしまいます。土地の下見で見逃さないよう気をつけましょう。

 

#学校やスーパーなどの商業施設があるか


子どもがいる家庭、これから子どもが産まれる予定のある家庭なら学校区であることも土地選びの条件です。

さらに、スーパーマーケットや商店街がすぐ行ける距離にあると生活は便利です。

ショッピングモールをはじめとする、大型商業施設へのアクセスも押さえておきましょう。

 

#将来性


現時点では条件が整っていなくても、開発地域に指定されていたり、新興住宅が建設中だったりする土地には将来性があります。

住み始めてから価値が上がることもありえるため、行政や企業の動きも確かめておくことが肝心です。

 

建築条件や隠ぺい率など

#そもそも建築条件とは


ハウスメーカーや工務店は、土地探しから施工までをセットで請け負っていることが珍しくありません。

その場合、家主には一貫して同じ業者に住宅を任せられるというメリットが生まれます。

複数の業者とやりとりをする手間も省けます。ただし、業者は「建築条件」を設けていることが一般的です。

すなわち、指定の土地で工事を行うため、家主に特殊な条件を飲んでもらおうとしてくるのです。

建築条件は法律とは関係なく、業者が独自に定めているルールだと言えます。

ただ、建築条件を了承しないと契約は成立しません。もしも家主の意向に沿わない条件であれば、

契約締結を保留にしてほかの業者の話も聞きましょう。

 

#土地を購入してから後悔しないように


建築条件と同じく、注意したいのが建ぺい率や容積率です。

これらは業者が独自に定めているわけではなく、建築基準法によって決められています。

どれほど家主にこだわりがあったとしても、建ぺい率や容積率を無視してまで家は建てられません。

それにもかかわらず、建ぺい率や容積率を確かめず、土地を購入してしまったのなら取り返しがつかなくなるでしょう。

高いお金を払って土地を買ったのに、理想の家を建てられなくなってしまうのです。

そのような失敗を招かないためにも、土地に課せられているさまざまな制限は早い段階で確認しておくのが得策です。

 

注文住宅を建てるなら、ライフデザイン・カバヤにご相談ください

#希望を叶えてくれる土地を見つけよう


注文住宅では、事前に希望をしっかりと固めておくことが大切です。

予算や住み心地、周辺環境などは理想の土地を選ぶうえでの指標となってくれるからです。

そして、土地を選んだら業者に家主側の思いを細かく伝えましょう。

つまり、家主に寄り添ってくれる業者へと施工を依頼する必要があるのです。

 

#ライフデザイン・カバヤは十人十色の家づくりを目指す


ライフデザイン・カバヤでは、「木」の質感にこだわり、クオリティの安定した素材で施工しています。

豊富な経験を生かし、家主の要望を可能な限り反映する施工を続けてきました。

展示場やショールームでも、企業の考えを示しています。

注文住宅に興味がある人は、ライフデザイン・カバヤまでお気軽にご相談ください。

記事がありません

最近の記事

関連する記事

ライフデザイン・カバヤ